×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PAGE TOP

浮気調査【探偵の選び方】料金は?

あなたのご主人、浮気をしていませんか。深刻化する前に歯止めをする方法を紹介します。
TOPPAGE

探偵は依頼者の立場を何より優先します

探偵は頼まれたことの調査をやるだけでは終わりというものではありません。



浮気の事実があるのか調査していると、意外な問題が起こる場合もあります。



そんな場合には、まず依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。
信頼できる探偵の見分け方は、どのような対応をしてくるのかなどでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。
結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、それ以上、料金がかからないような探偵事務所が良いかと考えます。その他、関係団体に届け出ているのかお調べください。

違法に調査を実施している業者へは委託しない方がよいでしょう。探偵が使うという追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば購入することが可能です。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使うことが多いのですが、これはどんな人でもインターネット等で購入可能です。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、誰でも買えるのは当然です。

探偵の特徴

探偵について、その特徴を考えると、人に怪しまれることのないよう警戒を怠ることなく根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、先に自分の所属を明かして公然と調査を行うことが多いです。

目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所の方は情報収集に向いていると言っていいでしょう。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうかも知れません。強い心を持っている人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと逆上してしまったという例が過去にも多いのです。
貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあります。大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。ところが、浮気をしてしまっていると、決まったパターンが崩れます。

その曜日や時間帯に着目し、決定づけることができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

自分で調査

探偵をお願いすると高くなるので、自分でやってみようとする人もいるものです。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、予想外の出来事が出てくるのが実際で失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるのでとても技術がいるでしょう。
勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。

尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。



当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。


また、尾行の時に車やバイクを使うと、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、要確認です。

ほんとに離婚してもかまわない、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、避けたいところです。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。


信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。

ほんとに離婚してもかまわない?

ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。
けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、止めておきましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。信頼できる人が見つからない場合は、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミを確認する方法があります。



当たり前のことですが、その探偵事務所が運営するサイトに紹介されている口コミを参考にするのではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトに記載されている口コミを調べる方が信頼できます。その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、信頼できる情報なのは間違いありません。
ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って惨憺たる状態になるのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害・殺人まで起きるというサスペンスドラマも少なくありません。
浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも方法としてアリです。離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。

自分の結婚相手が浮気

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。

ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。浮気を調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり、 逆に高い料金設定であったりするところではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所がオススメです。



また、探偵業の許可を取得しているのか確認が必要です。法に反して調査を実施している業者には委託しない方がよいでしょう。


プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。


請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。
それは男性の場合であっても同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。
ステップワゴンRG1 高値で買取


Copyright (C) 2014 浮気調査【探偵の選び方】料金は? All Rights Reserved.